CHAIN COUPLING

チェーンカップリング(軸継手)

HOME | チェーンカップリング(軸継手)

OCMチェーンカップリング特長

 
OCMチェーンカップリングは、2個のスプロケットと1本の2列ローラチェーンとで組立てられ、ピン1本で両軸の連結と分離ができる構造上非常に簡単なフレキシビリティに富んだカップリングです。数々の特長をもち広い範囲で使用されています。

 

①チェーンカップリングの構造

 

①芯出しが容易

両軸を継ぐ場合、軸心はできるだけ一直線になるように取付けるべきですが、これには時間がかかります。チェーンカップリングは、この点チェーンとスプロケットの噛合いによる下図のような遊びを有効に利用して機械を保護するように設計されています。

②優れた耐久性

スプロケットは優れた耐久力を得るために、歯先は表面焼入硬化を施してあります。また、これに使用するローラチェーンは、特にカップリング専用としてすべて焼入焼戻してあるため、長時間の使用に耐えられます。

③小形で協力

ローラチェーンは、全周にわたってスプロケットの歯と噛合いトルクは各歯に分担され、しかも、外周近くに力の作用点があるため、小形でも大きな伝動能力を発揮することができます。

④取り扱いが簡単

ローラチェーンの両端を連結している一本の継手ピンを抜き差しすること
によって、極めて簡単にチェーンを着脱することができ、特別の工具を使用する必要はありません。

⑤安全でスマート

カップリングと一体で使用されるケースは、油漏れやスリップの心配はありません。また、他のカップリングのようなボルトの突起がなくスマートな外観をしているため安全です。

⑥豊富な在庫

チェーンカップリングはCC3012 ~ CC12022 のJIS 該当品は常時在庫しております。

⑦ケースと潤滑

カップリング用のケースとは
ケースはカップリング本体とともに、一体となって回転します。アルミ合金製ケースです。チェーンカップリングにケースを取付けることで、潤滑剤の飛散を防止し、外部からの水分や塵埃を遮断することによりカップリングの寿命を長く保ちます。また、腐食性雰囲気に対しても本体を保護し、ケースの外周も突起部のない円筒状で、危険を防止し外観もスマートです。

ケース使用の基準
チェーンカップリングは、安全上できるだけケースを使用してください。特に下記状態で使用するときには必ずケースを使用してください。
1. 高速回転で使用するとき。
2. 塵埃など本体が摩耗するような場所で使用するとき。
3. 腐食性雰囲気で本体が腐食するような使用状態のとき。

アルミ合金製ケース
2 分割でき、4 本のボルトで締めつける構造になっています。合せ目は平らで耐油性パッキングが入っており、両端の孔にはO リングを入れ油漏れを防止すると共にカップリングの特長であるフレキシビリティを損なわない構造になっています。

潤滑
チェーンカップリングの潤滑は使用回転数により3 形式に区分されます(伝動能力表参照)。潤滑には良質のグリースを使用しますが、特に高速回転の潤滑形式III ではグリースが劣化しやすいので、潤滑性能の高いものを使用してください。なお、表3に基づいてグリースの定期取換えを実施しますと、カップリングの寿命は一層長く保ちます。






※その他詳細はWEBカタログを参照してください。

※その他詳細はWEBカタログを参照してください。WEBカタログ
チェーン
カップリング
掲載ページ

お問い合わせ

CONTACT

 

下記よりご参照ください。